旅 行

2007.11/20〜27
 タイ旅行(チェンマイ〜バンコク)です。
 今回は、チェンマイにロングスティ希望の人達を案内するツアコン&現地ガイドの旅でした。

 ビルから見たチェンマイの風景です。タイの古都といった雰囲気です。  チェンマイは、タクシーが少なく、トゥクトゥクや巡回バスが主要な足になります。  生鮮食品がならぶ市場を廻りました。果物などは完熟でとても美味しいです。

 雑貨類が多い市場を廻りました。バッタ物が多く日本人には物足りないです。

 日本のロングステイしている人達が住んでいるコンドミニアムの室内です。  無事案内も終わり、1人でのんびりといつもの居酒屋で食事です。タイ人の店ですが、日本と同じ味でリーズナブルな料金です。

 

2007.03/17〜19
 八丁味噌を買いに本場岡崎を訪ねました。
 今回は、新幹線で三河安城駅下車し、安城〜岡崎と電車と徒歩で廻りました。

 徳川家康ゆかりの岡崎城の模型です。コンパクトによく出来ている城でした。  徳川家康の銅像です。この廻りは公園になっていて、桜の名所でもあります。  今回の目的地のまるや八丁味噌です。三葉葵が徳川家ゆかりの味噌蔵を感じさせます。

 

2006.09/14〜20
 仕事とダイビングで行ったフィリピン旅行(アニラオ〜マニラ)です。
 今回は、前半はマニラからバスに乗り3時間の距離にあるアニラオへ、後半はマニラに戻り仕事をしました。

 ダイビングリゾートのサンビームから見た南シナ海の夕日です。  ダイビング・インストラクターのアキさんです。とても親切な方です。  季節風が強く、島影でのダイビングとなりました。早めに戻りテラスでのんびりと過ごしました。

 

2006.05/28〜30
 夫婦で行った草津・美ヶ原高原旅行(群馬〜長野)です。
 初日は草津温泉を散策し奈良屋泊、2日目は草津白根山登頂〜湯ノ丸高原〜美ヶ原高原美術館見学し美ケ原高原ホテル泊、
 3日目は美ヶ原高原牧場散策〜王ヶ頭登頂〜軽井沢銀座散策〜アウトレットで買物と夫婦水入らずの旅でした。

 草津温泉の湯葉畑の下の温泉池です。平日にもかかわらず人が多く、さすが日本一の名湯です。  草津温泉でも有名な、徳川家ゆかりの名湯がある老舗の旅館「奈良屋」です。

 草津白根山▲2,160m登頂しました。本当の山頂は有毒ガス危険のため入れませんでした。

 標高2,000mにある温泉、美ヶ原観光ホテルから見えた雲海です。  早朝、美ヶ原高原牧場を王ヶ頭にむかう道です。道すがらに牛が見えて、すがすがしい朝でした。  王ヶ頭(美ヶ原高原最高峰)▲2,034m登頂しました。山というよりは丘の上といった感じです。

 

2006.01/20〜01/23
 ライオンズクラブで行ったグアム旅行です。
 今回は、レンタカーを運転して島を一周しながら観光と釣りを楽しみました。

 ホテルのバルコニーから見たタモン湾です。珊瑚礁にかこまれた遠浅のビーチが綺麗です。  グアム島アプラ港の防波堤先端近くの公園で釣りました。出かける時は忘れずにマイ釣竿です。  恋人岬に行ったら若いカップルの結婚式に出会いました。一緒になってお祝いしました。

 

2005.11/30〜12/06
 タイ旅行(バンコク)です。
 今回は、アジアン雑貨・木製品などを買付けに市場を始めいろいろな店を廻りました。

 伊勢丹前の通りを歩いていたら映画かドラマのロケに出会いました。以外と適当な撮影がタイらしいです。  バンコクの足トゥクトゥクです。市場の廻りはこんな感じの乗合い場があります。  プラトゥナーム市場内風景です。まだ早いせいか閉まっている店が多いです。中はとても暑いのでバイヤーも大変です。

 

2005.10/20〜24
 インドネシア バリ旅行(バドゥン〜ギャニャール〜バンリ〜ジュンブラナ〜タバナン〜クルンクン)です。
 日本に来ているバリ実習生の実家に預かった荷物やお土産を届けながらバリ島ほぼ一周の旅です。本当に車でよく走りました。

 今回の旅のベースのクタビーチ沿いにあるホテルです。ほとんど寝に帰っただけです。  ウブドで見たバロンダンスとレゴンダンスです。写真は最初の導入部で物語は延々と続きます。  キンタマーニのバトゥール山▲1,717mです。大きな湖をもったカルデラです。

 ベネロカンの道端で売っているフルーツです。産地直売なので完熟で美味いです。

 テガラランの棚田風景です。ほんとに緑の田んぼとヤシの木がマッチした美しい風景です。  バリ島ヒンドゥー経のお墓です。建物や仏像といい、独特の美しさがあります。
 バリ島の西の端にあるヌガラという町です。最初の1件目のお届け先です。  海の中に建つお寺で有名な、タナロット寺院です。今は干潮なので人が参拝に渡っています。  夕日のウルワトゥ寺院です。後ろに見えるはインド洋です。
 寺院内に入るのは、この巻きスカートをはかないと入れないのです。  ケチャダンスです。ここから陽が沈み松明の中での演舞は、迫力と幻想的な雰囲気があります。  最後のお届け先です。ここでバリ最後の夕食を御馳走になりました。任務完了でホッとしてます。

 

2005.08/28〜09/01 
 タイ旅行(バンコク〜アユタヤ)です。
 今回は、何度もタイに来ているのに行ってない世界遺産「アユタヤ遺跡」に行きました。パンダバス利用なのでラクチンです。

 ワット・プラ・マハタートの木根に取り込まれてしまった仏頭です。頭を仏頭の上に出して写真を撮ると呪われるといわれてます。  ワット・プラ・ラームの遺跡です。美しいクメール様式の寺院です。

 象使いのおにいちゃんです。映画「星になった少年」を思い出しました。

 アユタヤ遺跡でのスナップ写真です。後ろに見えるのは、ワット・プラ・シー・サーペントと云い王室の守護寺院です。  チャオプラヤー川を下って一路バンコクに向かってます。川沿いには水と共に暮らす人々の集落が点在してます。  バンコクの三大ニューハーフショーの1つ「カリプソ・キャバレー」です。こじんまりしたステージで真近に見れます。

 

2005.08/16〜17
 家族で行った北信越旅行(石川〜長野)です。
 金沢の帰りに寄った黒部ダムです。電気バスやトロリーバスを乗継ぎますが、北アルプスの中に誰でも入ることができます。

 黒部ダムよりの放水風景です。近くに行くと水飛沫が凄かったけど、暑い夏には気持ちよかったです。  黒部湖全景です。翡翠のようなグリーンが印象的です。  「尊きみのみはしらに捧ぐ」の像です。建設関係者として敬意を表して鎮魂・合掌です。

 

2005.05/27〜31
 ライオンズクラブで行ったタイ旅行(バンコク〜パタヤー〜ラーン島)です。
 今回は、クラブ幹事なのでガイド役です。パッポン・タニヤを始めいろいろとご案内しました。

 ワット・アルンの大仏塔です。三島由紀夫の「暁の塔」の舞台になったところで、陽を浴びた姿はとても綺麗です。  バンコクの三大ニューハーフショーの1つ「ラチャダー・キャバレー」です。このオカマちゃん本当に綺麗です。  朝靄の中のパタヤー・ビーチです。ここからボートでラーン島に渡ってビーチでのんびり過ごしました。

 

2005.02/03〜07 
 タイ旅行(バンコク)です。
 今回は、バンコク市内をタクシー・ボート・テゥクテゥクを駆使して、くまなく廻りました。

 ワット・プラケオの外観です。黄金に輝く塔はバンコクのシンボルで、緑の芝生が綺麗が映えます。  ワット・プラケオの本堂近くの祭壇です。仏像に金箔を貼ると御利益があります。もちろん私も貼りました。

 プラボロマ・マハーラーチャワン(王宮)ですが、現在は住んでおらず迎賓館のような役割です。

 チャオプラヤー川近くの屋台街です。すこし辛いですが美味しいです。  ワット・ポーの中の黄金の大寝釈迦仏です。そしてここは、タイ式マッサージの総本山でもあります。  バックパッカーの聖地、カオサン通りです。今は昔と違いだいぶ綺麗になりました。

 

2005.01/13〜15
 事務所旅行で行ったの韓国(ソウル)です。
 スタッフと家族みんなで出かけた、ソウル市街のミョンドンです。1月のソウルはとにかく寒いです。

 ソウルで有名な高級焼き肉店ノブチビです。韓国といえば焼き肉なので、最初の基準にここにしました。値段高かったですね。  ノブチビの霜降り焼き肉です。美味かったのですが、値段もよかったですよ。(^^;)  よく韓国のニュース報道で背景になる南大門です。近くにある南大門市場はおもしろいですよ。

 

2004.11/15〜18
 飛鳥クルーズ旅行(東京〜瀬戸内海〜釜山〜ソウル)です。
 日の出桟橋から飛鳥に乗船し3泊4日の船旅です。豪華客船の旅は一度体験しておこうと思いまして、旅費は高かったけど行ってまいりました。

 乗船して船内探索中に後部デッキでのスナップ写真です。プールもあるのですが、寒くて入れません。  私の泊まった船室です。二人利用でしたが、いがいと広くて快適でした。  あわやタイタニッ状態?ではありません、乗船するとかならず実施する避難訓練です。
 一夜明けて瀬戸内海を航行中です。目前に見えるのは鳴門大橋です。壮観な眺めです。  鳴門大橋の下をくぐります。すばらしい橋ですね。  瀬戸大橋です。一度に3つの大橋をくぐるのは、なかなかできない経験です。
 しまなみ大橋です。来島海峡の潮流はすごいです。飛鳥は問題ないですが、小さな船は進まないでしょう。  瀬戸内海に沈む夕日です。明日は日本海を航行していることでしょう。  釜山港に到着しました。これから韓国版の新幹線に乗ってソウルに向かいます。

 

2004.10/13〜18 
 タイ旅行(プーケット〜バンコク〜カンチャナブリ)です。
 この旅の数ヶ月後にスマトラ沖地震でプーケットは未曾有の災害をこうむりました。私は島にも渡っていたのでテレビの前で冷や汗をかいたものです。

 ホテルから見たプーケット(パトンビーチ)市街です。あの映像を撮ったホテルだと思います。  夜のプーケットは昼間とは一転あやしい街に早変わりです。オカマと米兵が多いのにはまいりました。  プーケット初日なので奮発して豪華なデイナーです。ロブスターはぷりぷりッで美味かったですよ。
 バスで移動しラワンビーチからボートで無人島に渡りました。マリンブルー海と空、ほんとに静かな島でのんびりできました。  こんなに広くて綺麗なビーチに人がいないんです。ようこそマイビーチにって感じです。  このイメージ何か思い出しませんか?「紅の豚」秘密基地の島の入江でのんびり過ごすポルコです。
 バンコクの三大ニューハーフショーの1つ「マンボ」です。遠くで見ると綺麗でスタイルバッグンで笑えるショーです。  にやけているようですが苦笑いです。無理やり記念撮影されてチップせがまれました。綺麗ですがオカマです。  タイ人のおやつトノサマバッタの唐揚げです。食べると足のトゲが刺さります。(^^;)
 電車に乗って一路カンチャナブリに向かっています。車内は大変賑やかです。  映画「鉄道に駆ける橋」のモデルになったクワイ河の橋です。こんなに立派なの?て感じです。  駅です。ホームはありませ〜ん。(ヒロシ風)

 

2004.03/04〜06
 建築士会土浦支部青年部の仲間達と行った九州旅行(熊本〜大分〜福岡)です。
 熊本空港に降り立ったらレンタカーを借りて北九州3県を駆けめぐり、由布院と博多に宿泊しました。

 阿蘇山です。まさか雪が降り積もっているとは、チェーンを巻いて九州走るとは思いませんでした。  参拝好きな私くしには見逃せない太宰府天満宮です。御利益あるの間違いなしです。  福岡に来るたびに食する「万作家」のもつ鍋です。生もつ五種類から炊き込む鍋は絶品です。

 

2004.02/05〜08 
 ライオンズクラブで行ったサイパン旅行(サイパン〜テニアン)です。
 サイパンは2度目になるので、こんどは足を伸ばしてテニアン島にも行きました。

 サイパンの北側全景です。島中央部はジャングルになっています。  サイパン最高峰のタポチョ山▲473m山頂です。サイパン島を一望できます。  バードアイランドです。ここを下ると有名なダイブスポット「グロッド」があります。潜りたかったな!
 打ち寄せる太平洋の荒波が、岩の間から噴水のように舞います。  テニアン海岸には、こんなビーチがたくさんあります。大事な人とどうぞ!  テニアンのフェリー乗り場でカンモンハタを釣りました!島に行く時はマイ釣竿持って行ってます。

 

2003.11/13〜15
 家族旅行で行った沖縄(那覇〜恩納村〜本部〜名護〜うるま)です。
 恩納村に滞在しのんびりとしながら、ちゅら海水族館や沖縄ソバめぐりをしました。

 沖縄の顏、守礼之門で記念撮影です。  探しました!沖縄ソバの名店「うどんやま」私的に沖縄No.1です。  向こうに見えるのは浜比嘉島にかかる浜比嘉大橋です。

 

2002.10/18〜20 
 建築士会三重大会参加後の名古屋旅行(三重〜名古屋)です。
 大会が終わりお伊勢参りをし、皆にわかれを告げ1人で電車を乗継ぎ寄った名古屋です。

 寺社仏閣参拝を趣味のひとつにしている私のとって、念願の御伊勢参り実現しました。v(^_^)  電車にとことこ揺られ、名古屋駅着きました〜っ!JR東海のツインビルです。  熱田神宮参拝のあとは、名古屋名物「ひつまぶし」を食くしました。うなぎって美味いのね〜と感じた時でした。

 

2002.08/16〜17 
 家族で行った北陸旅行(石川〜富山)です。
 金沢の帰りに黒部渓谷鉄道に乗ろうと車で寄った宇奈月温泉です。

 緑と黒部川の激流そして赤の鉄橋群、絵になります。お盆なので混んでて乗れませんでした。  サザエさんでおなじみの黒部渓谷鉄道の鉄橋まえでのスナップ写真です。  鉄橋の前で粘っていたら、来ました来ましたトロッコ列車!やはり子ぶりな列車です。

 

2001.04/07〜09
 建築士会土浦支部青年部の仲間達と行った沖縄旅行(読谷〜南城〜糸満〜那覇)です。
 読谷に滞在しのんびりとした後、沖縄の南の方の太平洋戦争の史跡めぐりと泡盛の酒蔵めぐりをしました。

 今回泊まった、ホテル日航アリビラです。プライベートビーチもありリーズナブルで施設の整ったホテルです。  沖縄の神聖な場所である斎場御嶽です。不思議な力を感じるパワースポットです。  泡盛を瓶で買ってここに預けます。自分のクース(古酒)が出来るかと思うとロマンですね〜っ。

 

2000.10/26〜28
 事務所協会長崎大会参加後の九州旅行(長崎〜佐賀〜福岡)です。
 大会が終わり、皆にわかれを告げ1人で路線バスを乗継いで寄ったハウステンボスの一時です。

 夕闇せまるハウステンボスのゲートです。一人旅の夕暮れは、なぜか哀愁を・・・感じませんか?(笑)  夕食は、オランダなのにチーズフォンデュ?でしたが、温かいものが食べたくてね〜っ。心が美味かったです。  たった一枚のあった自分の写真です。良く整備された公園をバックにスナップ写真です。

 

1998.05/21〜24
 建築士会土浦支部青年部の仲間達と行った台湾(台北)です。
 台北市街でも、あまり旅行者は行かない乾物街と屋台街の食堂です。

 台北の乾物問屋街(迪化街)のメイン・ストリートです。あの独特な臭いをお届けできないのが残念です。(ホント臭い)カラスミが大好きな私は、良い品物が安く買えるここがとても気に入ってます。  安くカラスミを売っていただいた方です。名前は・・・忘れてしまいました。(^^;)  夜、仲間たちと合流しての夕食風景です。中央のVサインが私です。林森北路の路地裏にある台南大胖担仔麺という店です。麺類が安くてとても美味い店で、台北に行く時には寄ってみてください。

 

1998.06/17〜23
 日本マレーシア協会の親善訪問(クアラルンプール)後のスリランカ旅行(ネゴンボ〜キャンディ〜コロンボ)です。
 日本・スリランカ友好、ペルポラ・ビパッシ財団の夕食ご招待(コロンボ)です。

 これはスリランカはコロンボのペルポラ・ビパッシ財団の入口で、看板になんと日本語で書かれています。それに日の丸が掲揚されており嬉しいかぎりです。日本は他国でも援助してはいるものの、このような歓迎はされているのだろうか?  夕食風景です。スリランカの食事は、ほとんどカレー料理です。手で食べるのが作法で、私も手で食べましたがスプーンで食べるよりも格段に美味いです。たぶんよく混ざるからだと思います。彼女たちは、陶芸品の絵師たちで、先祖代々の家業だそうです。彼女たちのお父さんには大変気にいられましたが・・・。  ペルポラ・ビバッシ氏です。スリランカで一番偉いお坊さんです。ここでは僧侶の地位は最高に高く、時期大統領候補とはビックリしました。(ホント)でも、坊主は辞めないよ!と云ってました。ほんと気さくな方で、よく日本にもいらっしゃってます。

 

1997.07/15〜20
 日本マレーシア協会の親善訪問団(クアラルンプール〜コタキナバル)です。
 元自治大臣の塩川正十郎先生の同行で、元首狩り族の酋長に招待された東マレーシア(ボルネオ島コタキナバル)です。

 元首狩族の酋長の村に招待された時の写真です。狩猟の時の踊りや戦いの時など1時間にわたり披露していただきました。その後、飛び入りでバンブーダンスに参加させてもらい楽しませてもらいました。  元首狩族の酋長の孫?。なんせ言葉が通じないので・・・。ま、村のコギャルなのは間違いないと思います。なんせスゲ〜山の中まで来ましたから!。でも、左手のダイバーウォッチにはやはり現代人だな〜と思ったしだいです。でもかわいかったです〜っ。  元首狩族の酋長の蔵を見せてもらいました。写真に写ってるのはシャレコウベです。つまり人間の骸骨です。約40柱あったのにはさすがにビックリしました。元酋長曰く、俺様は英雄だったそうな〜。

 

1996.07/11〜17
 日本マレーシア協会の親善訪問団(クアラルンプール〜コタキナバル)です。
 日本大使館主催の歓迎レセプション(クアラルンプール)で、マレーシア国会議長を始めそうそうたるメンバーが出席してました。

 歓迎レセプションにて現地の要人たちとの会食風景です。大臣や財界の方々が沢山いらっしゃるのに、なんせビジネス英会話はからっきしなので・・・、ほんと残念です。  1996ミス・マレーシアが紹介されたので、さっそく日・マ友好の為、ご挨拶に伺いました。笑っているのは、「君はとても美しい!私と結婚してほしい!」とプロポーズしたからです。ま、つかみはOKとゆうことで、その後の会話は盛り上がったのは言うまでもありません。  爆笑の会話の後に、まじめなツーショットを撮りました。この後、日本で流行ってるギャグだと云って「ガチョ〜ン!」を教えようと思ったのですが。やじうまが、大勢来てしまったので・・・。日本の文化を広められませんでした。

 

1998.01/19
 私の所属する。日本マレーシア協会の活動を通じて東南アジアの紹介や旅の出来事のページです。


inserted by FC2 system